FANDOM


GourmetWarManga

グルメ戦争の恐怖

グルメ戦争 (-せんそう) とは、500年前に起き、100年以上続いた壊滅的な世界大戦。これによって惑星は壊滅寸前に陥った。激しい戦いの末に千万人以上の人々が死に、それゆえに世界史上最悪で最大規模の大虐殺と大量破壊と見なされている。[1]

GourmetWarAnime

お互いを爆撃する国々。

この戦争の原因は政治、イデオロギー、人種、経済にはなかったが、非常に原始的なものであった。戦争はかつてないほどに縮小した資源の世界の中での食料のための戦いであった。

Enlightened

GODによって悟りを開いた世界各国の指導者のひとり。

生き残ることを目的とした純然たる荒廃が、世界の終わりを間近にしたと多くの人々に信じこませた。戦争の本当のきっかけはグルメ細胞の発見が原因であった。その特異的性質によってグルメ細胞は食品の価値を高めた。[2]

しかし、すべてがすぐに終わり、ある食材が美食神アカシアによってすべての世界各国の国王と首相に差し出された。
DawnOfTheGourmetAge

最終的に平和が成し遂げられ、アカシアは新しい時代を目指す。

その差し出された食材は幻の申請なる食材GODとして知られ、すべての食材の頂点にあり、世界でもっとも最高の料理である。

この啓発的な驚くべき食材の風味は世界中の指導者と軍隊の目と心を開かせ、自分たちの暴力的で強欲な行動の愚かさを自覚させ、平和な世界で誰もがその不思議な食事をふたたび食べたいと願わせた。世界に充満した狂気はまもなく消えて、新の平和が交戦国の間に訪れ、以後「グルメ時代」として知られる時代につながった。[1]

参考文献 編集

  1. 1.0 1.1 グルメ61と21話。グルメ戦争の歴史とグルメ時代の始まり。
  2. グルメ250]] - アカシアのグルメ細胞の発見がグルメ戦争の始まりに関与している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。